BLOGブログ

BLOG

1

家具を買うなら絶対に気をつけてほしいこと7選

インテリアのこと

「結婚や引っ越しをする」「古くなった家具を買い替えたい」「部屋のイメージを変えたい」など家具を買う場面は少なからずあると思います。ただ家具は洋服のように気軽に買い替えるわけにはいきません。買ってから後悔したくないですよね。今回は家具を買う時に気をつけて欲しいポイントについてご紹介します。

サイズを測る

ショップで見て即買っていいのは小物だけです。
ある程度の大きさの物が多い家具は必ず置く場所を最初に決めてサイズを測って下さい。

特にソファは注意が必要です、
他の家具に比べて分解できるパーツが少ないです。
そのため部屋のサイズ的には問題なくても、玄関や部屋の入口、曲がった廊下、階段など経路は確認して下さいね。

またお店では小さく見えても部屋に置くと大きく感じるのはよくあることです。
必ずサイズは確認しましょう。

イメージを決める

おしゃれなお部屋作りのためには、まずどんなインテリアにしたいのかを決めるのが大事です。

北欧風なら明るめの家具、モダンならモノトーンなど、イメージによって選ぶ家具は自然と決まってきます。
どんなイメージにしたいのか分からなければ、まず好きな写真を集めてみましょう。
おのずと好みが見えてきますよ。

他の家具との色合わせを考える

既に家にある家具との色合わせも考えて下さい。
1部屋に使う色は3色までにすると部屋に統一感が出ます。
木部にも色があります。
木部は同じ色味で揃えるのが一番簡単です。

使いやすさと耐久性を考える

家具は長く使用することが多いです。
使いやすさ、機能的か、長く使えるか、耐久性はあるかなど、しっかり検討しましょう。
安いけれども耐久性は劣るという場合は結局買い替えると高くついてしまうこともあります。
また飽きの来ないデザインを選ぶのも長く使うコツです。

実際に商品に触れる

ネットでみているだけでは素材感や座り心地、使い心地などはわかりません。
色味の画像と実物ではずいぶん違うことも多いです。
特にソファやイスなどは体を支える物です。
合わない物は腰を痛めたりすることもあるので、必ず実店舗で確認しましょう。

ゆとりの心を持つ

使用したい時期から逆算し、余裕を持って決めましょう。
特に海外のブランド家具を選ぶ場合や、オーダーする場合などは半年ほどかかる場合もあります。
安くはないお買い物。お気に入りの物が見つかるまで、じっくり選ぶゆとりの心が大切です。

図面を持って行く

図面を持って行くと、間取りに合わせた家具のサイズ選びや家族構成に合わせた動線を考慮したアドバイスも受けられます。
また図面があれば、搬入経路の確認もできるため、買った後に部屋にはいらない、ということも防げますよ。

いかがですか?
一生物ともいえる家具。
長く使う物だからこそ、じっくり吟味して、これこそ待ち望んでた!と思える物を探して下さいね。


そして少しずつ物を減らすことから初めて見て下さいね。

皆様のおしゃれなお部屋作りの参考になれば嬉しいです。

cocoticouleurでは、持たない暮らし歴20年のインテリアコーディネーターが、居心地のいい暮らしの提案をしています。

  • 色軸の整った暮らしが大事ということはわかったけど、まずはどうすればいいの?
  • どんなインテリアが好みか分からない。

そんな方のためにワークショップ「インテリア美人レッスン」をご用意しています。
このワークショップを受けて頂くことで、

  • インテリア迷子から抜け出せる
  • 自分軸のインテリアが分かる
  • リフォームや新築時の素材選びがしやすくなる

などの嬉しい結果が得られます。
対面・オンライン共に可能です。
お悩みのあなたにぜひ受けて頂きたいです。

↓↓↓

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. 【vol.1】インテリアと色のプロが築40年自宅団地をDIYする~壁紙貼り編~

  2. 【新築・リフォーム検討中の方必見】色のプロが教える!リビングに使うとNGな色は?

  3. 2024年のインテリアトレンドは?


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP