BLOGブログ

BLOG

1

部屋がすっきりさせるためにするべきこと7選

インテリアのこと

余計な物が出ていないスッキリとしたお部屋は憧れですよね。でも現実には物が置きっぱなしになっていたり、ごちゃごちゃしていませんか?持たない暮らし歴20年、現役インテリアコーディネーターが今すぐ始められる「すっきりした暮らし」のコツをご紹介します。

物を減らす

自宅リビング画像

テーブルの上やカウンターなど、物が出しっぱなしになっていませんか?
物が多いとどうしても雑多な印象になります。
見えるところに出さないことがスッキリ見せるポイントです。
そのためには、出ている物を片付けるためのスペース作りから!
使わない物と思い切ってお別れしてみましょう。

使った物は元に戻す

使った物をすぐに戻せば、お部屋は散らかりません。
そのためには…

  • 一つ一つ物の指定席を作る
  • よく使う物は一番取り出しやすい場所にしまう
  • 収納には余裕を持って空きスペースを設ける

等を心がけてみて下さい。

取り出しやすい場所とは目線から腰あたりの場所を指します。
これをゴールデンゾーンといいます

床に物を置かない

床の上に直接物が置かれていると、それだけで雑然とした雰囲気に。
生活感のあるものはできるだけ見せないのが、すっきりしたお部屋のコツ。
床に物を置く原因は、さっとしまえる指定席がないから。
カバン一つにも指定席を作ってあげて下さいね。

背の低い家具を選ぶ

家具はできるだけ背の低い物を選ぶと目線の先が壁面になるため、スッキリします。

家具のカラーを揃えるのもオススメです。

家具はまとめて置く

家具はできるだけまとめて配置するようにしましょう。
床面を多く見せると部屋が広くスッキリして見えます。

特にLDKなどで、食事スペース、くつろぐスペース、。等とまとめてあげると空間にメリハリも生まれます。

壁面収納にする

収納を確保したい場合は、壁面収納を取り入れるのもオススメ。
たくさん収納できるだけでなく、壁面とフラットになるので、スッキリ見えます。
スッキリさせたいなら扉付きの物にして下さいね。

カラーを揃える

床材とドア、また家具のカラーを統一するとすっきり見えます。
色を使いすぎず、どこかに統一感を持たせることがおしゃれなインテリア作りのコツです。

一部屋に使う色味は3色程度までに抑えるとスッキリしますよ。

いかがですか?
すっきりさせるためには、まずは物を減らすことが大事です。
その上で、戻しやすい仕組み作りと、配置やカラーを合わせるなどの工夫をするとずいぶんスッキリ見せることができます。
すぐにできるのは物を増やさないこと。
そして少しずつ物を減らすことから初めて見て下さいね。

皆様のおしゃれなお部屋作りの参考になれば嬉しいです。

cocoticouleurでは、持たない暮らし歴20年のインテリアコーディネーターが、居心地のいい暮らしの提案をしています。

  • 色軸の整った暮らしが大事ということはわかったけど、まずはどうすればいいの?
  • どんなインテリアが好みか分からない。

そんな方のためにワークショップ「インテリア美人レッスン」をご用意しています。
このワークショップを受けて頂くことで、

  • インテリア迷子から抜け出せる
  • 自分軸のインテリアが分かる
  • リフォームや新築時の素材選びがしやすくなる

などの嬉しい結果が得られます。
対面・オンライン共に可能です。
お悩みのあなたにぜひ受けて頂きたいです。

↓↓↓

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. NEW

    【色のプロが解説】落ち着く部屋を作るにはこの色

  2. 【インテリアの色のプロが解説】部屋を広く見せるコツ5選

  3. 枯らし魔のあなたにオススメ!リアルなフェイクグリーンをご紹介


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP