BLOGブログ

BLOG

4

【完全保存版】照明の選び方

インテリアのこと

照明には様々な種類があり、それぞれに適したお部屋や使用場所があります。今日は、新築・リフォーム検討中の方へ照明の選び方についてのお話です。

直接照明と間接照明と、それぞれのメリット・デメリット

直接照明

天井から人や床に向かって直接光を当てる照明のこと

  • シーリングライト
  • ダウンライト
  • ペンダントライト

などがあります。

<メリット>
 明るさが強く、作業などに適している
 照射範囲が狭く、局所的な照明が得られる

<デメリット>
 直接照明のみだと部屋全体が明るくならず、物足りなく感じる場合がある
 照明具合や光の色味によって、部屋の雰囲気が変わってしまう場合がある

間接照明

天井や壁面、物などを照らす照明

  • スポットライト
  • フットライト
  • ブラケット
  • スタンドライト

などがあります。

<メリット>
 柔らかな光で部屋全体を包み込むので、落ち着いた雰囲気を作れる
 目に優しく、疲れにくい

<デメリット>
 明るさが弱いため、読書や作業などには向かない場合がある
 照明器具自体が目立たないため、空間のアクセントになりにくい場合がある

よく使われる器具とメリット・デメリット

シーリングライト

天井に直接取り付ける照明器具のことです。日本で一番普及している照明。
シーリングファンと同じように、天井に装着するため、スペースを取らず、部屋全体を均等に照らすことができます。
また、シンプルでスタイリッシュなデザインが多く、様々なインテリアに合わせやすい点も魅力的です。
省エネ性が高く、LEDなどのエネルギー消費の少ない電球が多く用いられるため、電気代も抑えることができます。

<メリット>
 全体的な照明効果が得られる

<デメリット>
 のっぺりとした印象になる

ダウンライト

天井に埋め込むタイプの照明器具。

<メリット>
 天井がフラットになるため、すっきりした空間になる

<デメリット>
 部屋全体を照らすには複数のダウンライトが必要
 天井に穴を開ける必要がある

ペンダントライト

天井から吊すタイプの照明器具。

<メリット>
 おしゃれなデザインが多い

<デメリット>
 高さがあるため、天井が低い場所には適さない

スタンドライト

部屋の隅やテーブル、ソファのそばに置いて使う照明器具。

<メリット>
 移動が自由にできるため、レイアウトの変更がしやすい

<デメリット>
 コンセントの位置によっては配線が目立つ場合がある

広さと明るさの目安について

しっかりと明るさを確保したいときの目安は

1畳あたりの目安300~400ℓm

ただし、部屋の用途や明るさの好みによって、この目安値は変化することがあります。
例えば、読書や作業を行う場合は明るさを重視するため、多くのルーメンを必要とする場合があります。

また、ムードを重視したいリビングルームなどのくつろぎの場で使用する場合は、あえて少ないルーメン数で済ませることもあります。

電球の色の種類は?

電球色
温かみがあり、暖色系の色合いを持つ白色で、一般的には2700K~3000K前後の色温度になります。リビングや寝室、ダイニングなどの落ち着いた雰囲気を求める空間に適しています。

温白色
色温度が約3,500K前後の暖かみのある色。くつろぎやリラックスしたい場所や、ウッディなインテリアと相性がよく、寝室やリビングなどでよく使用されます。

昼白色
色温度が約5,000K前後の、自然な印象の色。明るく清潔感のある空間にしたい場合に適しているため、キッチンや洗面所、書斎、ショップなどに使用されます。

昼光色
色温度が約6,200~6,500K前後の、青みがかったすっきりとした色。明るさがあり、集中力を高める効果があるため、事務所や学習スペース、工場などで使用されます。

LDKなど、いくつかの照明が組み合わさっている場合は、同じ色にした方が統一感が出ます。

オシャレなインテリアを目指したいなら多灯分散照明がオススメ

一灯だけだと全体が明るく   必要な所にいくつか置くと
なりますが、のっぺりする   陰影が生まれメリハリが出ます。

シーリングライトやダウンライトなどの照明器具は、部屋全体に均一に光を届けることになるため、どうしても空間がのっぺりとしてしまいがち。
多灯分散照明を取り入れることで、照明器具を複数設置して光を分散させ、全体的な明るさを調整することができます。
また、多灯分散照明は、光の向きや角度を自由に調節できるため、照らしたい場所を重点的に照らすことができます。
さらに、複数の照明器具を使うことで、空間に深みや立体感を与えることもできます。

照明はメイクと同じ

照明はメイクと同じです。
お部屋というお顔を活かすも潰すもメイク次第。
照明というメイクを後から施してあげることで、印象的なお部屋作りが可能です。
間接照明だけでも意外と明るいです。
ぜひインテリアの最後の味付けに照明でオシャレ空間を楽しんで下さいね。

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

ただいま公式ラインでは豪華動画10本をプレゼント中。
これを見るだけで、インテリアの事がひとしきり分かります。
こちらからお受け取り下さいね。

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. NEW

    【色のプロが解説】落ち着く部屋を作るにはこの色

  2. 【インテリアの色のプロが解説】部屋を広く見せるコツ5選

  3. 枯らし魔のあなたにオススメ!リアルなフェイクグリーンをご紹介


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP