BLOGブログ

BLOG

12

部屋をステキに見せる方法

色のこと

インテリアをおしゃれにしたいけど、なんだか垢抜けない。そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?今日はそんなあなたにぴったりの簡単におしゃれなインテリアを作れる5ステップをご紹介します。

物を減らす

物が多いとどうしても雑多な印象になってしまいます。
お部屋に収納しきれない物はありませんか?
収納できないからと、安易に収納家具を買ってしまうと、また家具がひとつ増えることに…
まずは本当に必要なのかを考えて、あまり使わない物や、デザインがお気に入りではないものは処分してみて下さい。
それだけでもとてもすっきりしてくるはずです。

色数を減らす

垢抜けない原因の大部分は、色が多すぎることです。
物を減らしてみたら、部屋を写真に撮ってみて下さい。
使われている物の色数は何色くらいでしょうか?

インテリアにもファッションにも色の黄金比というものがあります。

ベースカラー床壁天井など70%
アソートカラーソファ、ラグ、カーテンなど25%
アクセントカラーソファカバー、インテリア小物5%

基本的に整いやすいのは3色までなのです。
またその割合も大事です。
ですから写真を見て、色が多すぎる場合は扉の中に隠すなど工夫してみて下さい。

使う色味に迷うなら同系色を選ぶの一番簡単です。
白黒グレー、同じ色の濃淡は一色と数えて大丈夫ですよ。

部屋の7割位の色をベージュや白、グレーなどのベーシックカラーにすると整いやすいです。
迷ったら試してみて下さい。

間接照明を足す

部屋の中央にシーリングライトが一つだけだと、のっぺりとした印象になります。
スタンドライトやデスクランプなどはコンセントに挿せばすぐに使えます。
値段もそんなに高くないので、いくつか足してみて下さい。

インテリアのアクセントにもなりますし、何より点灯したときの部屋に印象がすごく変わります。

観葉植物を足す

グリーンはインテリアの素敵なアクセントになります。
また、副交感神経を活性化させてリラックス効果をもたらすので、一石二鳥です。
大切に育てると、愛着も湧いて、眺めているだけでも幸せになるので、ぜひ育ててみて下さい。

部屋の目立つ部分に大きめの物を一つ置くだけで印象がかわりますよ。
それにある程度大きい物の方が育てやすいです。

アートを飾る

観葉植物も飾り、部屋が整ったら最後の味付けに入りましょう。

少し壁ばかりで殺風景な壁面にアートを足してみて下さい。
部屋に入って目に入る場所のことをフォーカルポイントといいます。
フォーカルポイントにアートを配置してみると、自然とそこに目がいくので、目立たせたくない物に目を向けないという効果もあります。

いかがでしょうか?
難しいことではないので、少しずつトライしてみて下さいね。

皆様のおしゃれなお部屋作りの参考になれば嬉しいです。

関連記事はこちらから

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. 【vol.1】インテリアと色のプロが築40年自宅団地をDIYする~壁紙貼り編~

  2. 【新築・リフォーム検討中の方必見】色のプロが教える!リビングに使うとNGな色は?

  3. 2024年のインテリアトレンドは?


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP