BLOGブログ

BLOG

1

【色のプロが解説】インテリア「グレー」の壁紙の選び方

色のこと

新築やリフォーム検討中の方へ。人気のグレーインテリア。どんな色とも合わせやすく、失敗が少ないと思われがちです。しかし現実はその逆でグレーは難しい色です。前回はグレーの落とし穴についてお話ししました。今回は実際にグレーをどう使えばいいのかを、濃さ別、床色別で解説します。初めての方は一つ前の投稿を見てからこちらを読んで下さい。

ライトグレー(暖色系)

暖色系のライトグレーは、明るくあたたかいイメージになります。

https://pin.it/DLzJecF https://pin.it/6gOYku0

ベージュ系の家具と相性がいいです。少量のブラック系などでキリッと締めていくのも今っぽいです。

家具のどこかにブラックなど
濃色が入っている方がまとま
りよく作れます。

ライトグレー(寒色系)

寒色系のライトグレーはすっきりとした爽やかなイメージになります。

https://pin.it/6ATKhSn https://pin.it/6gOYku0

ブルーグレーのファブリックなどは鉄板で良く合います。馴染ませるように作るとまとまります。
爽やかなインテリアになります

家具もコントラストがつく
ダーク系の物を持ってくる
方がまとまります。床が濃
いとコントラストがつくの
でかっこよく仕上がります

ミドルグレー(暖色系)

いわゆるグレーを一番楽しめる色味のミドルグレー。
暖色系はベーシックで穏やかな印象になります。

https://pin.it/1Rhn2HS https://pin.it/3O08GiW

すべて暖色で揃えていくと、とても気持ちの良い空間になります。
大人の上質な空間づくりが可能です。

床が暗い場合は白っぽい色で
抜け感を出すと暗くなりにく
いです。アクセントクロスで
使ってもいいです。

ミドルグレー(寒色系)

寒色系のミドルグレーはかっこよく仕上がります。
その分寒々しくもなるので、少し色味を足しても素敵になります。

https://pin.it/45Q53FF https://pin.it/3O08GiW

寒々しくなるので、赤っぽいアイテムを少量入れるとニュアンスが出ます。もちろんグレーだけでまとめてもすごくかっこいい仕上がりになります。

天井は明るくしたり、家具を
軽めの物にしたり、重さを軽
減する工夫をすると圧迫感が
抑えられます。

ダークグレー

かっこよくて重厚感のある印象になります。
全面に使うとかなり重くなります。

https://pin.it/6SuRpYJ https://pin.it/3O08GiW

かなり暗くなるので、床や家具は明るめ、低めの物を選んで。スタイリッシュになります。

床も暗いと暗くなります。ア
クセントとして使うか、寝室
などのプライベートな部屋で
使ってみて下さい。

いかがですか?
床の色によって作りやすいインテリアは変わります。
グレーは合わせやすそうですが、単調になりすぎる傾向があります。
また何色が隠れているかわかりにくいグレーはしっかりとした計画を立てて、取り組んでみて下さいね。

皆様のおしゃれなお部屋作りの参考になれば嬉しいです。

グレーの色味が分からない方、クロス選び等にお悩みの方へ

  • グレーが難しいということは分かったけど、見ても分からない
  • クロスや床材など選んだけれど、専門家の意見が聞きたい
  • インテリアの方向性がつかめない

など少しだけ相談したいという場合にオススメです。

スポット相談ご利用後、cocoticouleurのメニューを割引させていただきます。
※メニューによって割引価格は異なります。

スポット相談:お打ち合わせ1時間8,800円(税込)
スポット相談

スポット相談

¥8,800

今すぐ支払う

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. 【vol.1】インテリアと色のプロが築40年自宅団地をDIYする~壁紙貼り編~

  2. 【新築・リフォーム検討中の方必見】色のプロが教える!リビングに使うとNGな色は?

  3. 2024年のインテリアトレンドは?


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP