BLOGブログ

BLOG

1

【色のプロが解説】意外と知らない床の色の秘密

色のこと

新築やリフォーム検討中の方へ。素敵なインテリアを作る為にはまずどんなイメージの部屋にしたいかを決めるのが大切です。そんなときに気にして頂きたいのは床の色です。家づくりをするとき比較的早くに床を決めると思いますが、床の色はイメージを左右する重要なポイントになります。今日は床の色を3つの軸に分けて解説します。最後まで読んで後悔しない家づくりをして下さい。

3つの軸

木の色は茶色ですが、よくみると黄色っぽいものから赤っぽいものまでいろいろあります。

  • 黄色・・・・元気なイメージ
  • オレンジ・・あたたかいイメージ
  • 赤・・・・・かっこいいイメージ

の3つの軸にざっくり分けることができます。
そして、この床の色によって作りやすいイメージ、作りにくいイメージがあります。
そんな大事な床の色については一般的には語られることがなく、しかも初期段階できめてしまうので、後からでは後戻りができません。
しっかりとどんなイメージに作りたいかを考えてから決めましょう

黄色系(オーク、メープルなど)

ベージュやオフホワイトなど、ナチュラルなイメージに良く合います。
床も家具も同じ色味にすると、明るく統一感のある仕上がりになります。

ミドルブラウンやダーク系の家具など、明るめの家具から暗めの物まで合わせることができますが、元気なイメージの色なので、エレガントな空間には少し作りにくいです。

オレンジ系(チーク・チェリーなど)

あたたかいイメージのオレンジ系床材はカジュアルな雰囲気やナチュラルな雰囲気に作りやすいです。

〇ナチュラル
〇カジュアル
△女性らしい

ナチュラルや元気なイメージには作って行きやすいですが、女性らしいエレガントなスタイルには
作りにくい床色です。

赤系(ウォルナットなど)

かっこいい雰囲気に良く合う赤系の床色
スタイリッシュに作りたい場合や、重めのインテリアがお好みの方に良く合います。

〇ホワイト系
〇クラシカル
〇インダストリアル

重く作っていくと重厚感が出ます。
またアイアンなどの工業系にもよくあうので、男性に好まれる床色になります。
反対に可愛いイメージのカジュアルやナチュラルには作りにくい色です。

いかがですか?

壁やドアも大事ですが、床が一番大事です。
そして床にそぐわない建具や壁もちぐはぐの原因の一つになります。

家づくりをするとき、床や建具を先に決めます。
そこで勝負は半分決まったようなもの。

それを知らずに進んでしまうと後戻りができません。

家づくりには大きなお金が動きます。
そして一度決めてしまうと洋服のように簡単に変えることができません。

ですので、分かる方は大丈夫なのですが、どんな床にしようか悩んでおられるなら、
進んでしまう前にご相談頂くことが本当にオススメです。

cocoticouleurへのご相談のうち、ある程度進んでしまってからの方がけっこう多く、そこをいつも歯がゆく感じています。

公式ラインに登録頂いた場合、お得に受けて頂くことも可能ですので、少しでも悩んでいるなら、一度ご連絡下さいませ。

cocoticouleurでは、持たない暮らし歴20年のインテリアコーディネーターが、居心地のいい暮らしの提案をしています。

  • 床が大事ということはわかったけど、まずはどうすればいいの?
  • どんなインテリアが好みか分からない。

そんな方のためにワークショップ「インテリア美人レッスン」をご用意しています。
このワークショップを受けて頂くことで、

  • インテリア迷子から抜け出せる
  • 自分軸のインテリアが分かる
  • リフォームや新築時の素材選びがしやすくなる

などの嬉しい結果が得られます。
対面・オンライン共に可能です。
お悩みのあなたにぜひ受けて頂きたいです。

インテリア美人セミナー(オンライン)

インテリア美人セミナー(オンライン)

¥5,500

今すぐ支払う
インテリア美人セミナー(対面・軽食付き)

インテリア美人セミナー(対面・軽食付き)

¥8,800

今すぐ支払う

皆様のおしゃれなお部屋作りの参考になれば嬉しいです。

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. NEW

    【色のプロが解説】落ち着く部屋を作るにはこの色

  2. 【インテリアの色のプロが解説】部屋を広く見せるコツ5選

  3. 枯らし魔のあなたにオススメ!リアルなフェイクグリーンをご紹介


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP