BLOGブログ

BLOG

12

部屋を美しく保つコツ5選

暮らすこと

せっかく部屋をきれいに片付けたのにすぐに散らかってしまう。そんなお悩みはありませんか?そんな場合は実は間違った片付けをしている可能性があります。今日は部屋を美しく保つコツをご紹介。

部屋がすぐに散らかる原因

部屋がすぐに散らかってしまうのはいくつか原因があります。

  • 物を片付ける場所が定まっていない
  • 物が多い
  • 定期的に掃除しない

原因はわかったけど、実際にきれいにするには…

そんなあなたに向けて、部屋をきれいに保つ簡単なコツを5つご紹介します。

床に物を置かない

床に物を置かないことで、キレイに見えます。
床がすっきりすると、床の掃除がしやすくなり、ホコリが溜まる部分を最小限に減らせます。

床に物を置かないようにするために、例えば

  • 物を減らす
  • 物の指定席をもうける

などがあります。

一番大事なのは物を持ちすぎないこと

棚には余白を残す

収納の棚は、全て埋めてしまうと美しくありません
また、余白があることで、一時的な物を収納することができます。
そうすることで、結果的に物を床に置かなくなります。

オープン収納は特に余白が大事ですよ

オープン収納は物を飾るのがメインの収納と考えましょう。
もしもオープン収納に物をたくさん置きたい場合は、カゴなどに入れて見た目をすっきりさせて下さいね。

ゴールデンゾーンを適切に使う

ゴールデンゾーンとは
立った状態でモノの出し入れができる「腰~目線の位置」のこと

頻繁に使うモノは、ゴールデンゾーンに収納し、ストレスなく出し入れできるようにしましょう。

頻繁に使うモノとは例えばリビングで考えると

  • テレビやエアコンなどのリモコン
  • 文房具
  • 爪切りや耳かき類
  • 学校からの書類

などがあります。
これらの物を出しやすい位置に収納することで、出しっぱなしを防ぐことができます。

縦に重ねず横に並べる

物は重ねてしまうと何でも取り出しにくくなります。
そのうえ、下の物を取るとなだれが起きるなんてことも。
横に並べるようにしましょう。

本は特に横に並べて置いて下さいね。
本は立てると言いますよね。

捨てる!

そして最後に部屋を美しく保つ一番のコツは

「捨てること」

絶対量が多いとどうしてもごちゃついてきます。
結局、物をどんどん捨てていくことが、個人的には一番必要なことだと思います。

いかがでしたか?

  • 物を減らす
  • 床はすっきりさせる
  • よく使う物は使いやすい位置に置く

など、実は簡単にできることばかり
あなたのおしゃれなお部屋作りの参考になれば嬉しいです。

cocoticouleurでは、持たない暮らし歴20年のインテリアコーディネーターが、居心地のいい暮らしの提案をしています。

  • 部屋を美しく保つコツはわかったけど、その先のインテリアをもっとおしゃれにしたい
  • どんなインテリアが好みか分からない。

そんな方のためにワークショップ「インテリア美人レッスン」をご用意しています。
このワークショップを受けて頂くことで、

  • インテリア迷子から抜け出せる
  • 自分軸のインテリアが分かる
  • リフォームや新築時の素材選びがしやすくなる

などの嬉しい結果が得られます。
対面・オンライン共に可能ですのでご興味ある方はいつでもお申し込み下さいませ↓

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. 【インテリアの色のプロが解説】部屋を広く見せるコツ5選

  2. 枯らし魔のあなたにオススメ!リアルなフェイクグリーンをご紹介

  3. 【賃貸ホームステージング】この部屋も驚きの結果に


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP