BLOGブログ

BLOG

5

0円で今すぐできる!おしゃれインテリアのコツ5選

インテリアのこと

部屋を素敵にしたい。そんな風に思う方は多いですよね。お金をかけると高級感は出ます。ただ、おしゃれかそうでないかは、ある意味別物。実はインテリアは理論を知ると素敵に出来るもの。というわけで、まずはお金をかけずにインテリアを素敵にする方法をご紹介します。

レイアウトの見直しでインテリアをオシャレに

レイアウトを見直すことで、自分の好みやライフスタイルにあったオシャレなインテリアを実現できます。

スペースの最適活用

家具が散在していると、まとまりがなく見えてしまいます。
そんな場合は、場所ごとにテーマを作って、グループ分けしてみましょう。

  • 読書をするスペース
  • 食事をするスペース
  • 団らんのスペース

グループごとに家具を配置するとまとまりが出ます。

大きな家具から配置していくとうまくいきますよ。

フォーカルポイントを作る

部屋に目を引くようなフォーカルポイントを設定することで、視覚的な魅力を高めることができます。
例えば、大好きなアートや美しい風景写真などを中心に配置しましょう。

空間に奥行きを持たせることで部屋をオシャレに

空間に奥行きや立体感を与えると、とてもオシャレになります。
家具やアクセントアイテムを奥行きのある配置にしたり、異なる高さやテクスチャーを組み合わせることで、視覚的な興味を引きます。

レイアウトをバランスの取れた形に整えることで、部屋全体の調和を生み出します。
対称的な配置や対照的なアイテムの組み合わせなど、バランス感覚を意識しましょう。

また、部屋内のスペースを自然に流れるようにデザインすることで、使い勝手の良さや心地よさを追求できます。
動線や家具の配置に注意し、スムーズな移動ができるように工夫しましょう。

観葉植物はまとめて配置することで部屋をオシャレに

特に小さい植物はまとめて配置してみましょう。
植物は空気を浄化し、自然の要素を取り入れることで心地良い空間を作り出してくれるので、一石二鳥。

植物は光合成に光が必要なため、配置する場所の明るさを考慮することが大切。
植物の種類によっては直射日光を好まない場合もあります。

明るい日陰に置く植物、カーテン越しに置く植物。
そういったグループに分けて、適切な明るさや日光の当たる場所に配置しましょう。

またサイズや形状の異なる植物を組み合わせることで、視覚的なバリエーションや奥行きを演出することが出来ます。

部屋のコーナーやスペースを活用して植物を配置すると、部屋全体のアクセントとなります。
壁際やテーブルの上、本棚の上など、無駄なスペースを活かして植物を飾りましょう。

スペースのバランスを考えて部屋をオシャレに

  • 家具が多いとごちゃごちゃした印象に
  • 家具が少ないとスカスカした印象に

ほどよい量を配置することがバランスのよい、落ち着いたインテリアを作るコツです。

一般的には、部屋の面積の30〜40%が家具の適正量。
これにより、広々とした空間を保ちつつ、部屋をオシャレに演出することができます。

過剰な家具の使用を避け、必要な家具の選択と配置に注意しましょう。
部屋のサイズに応じて家具の数やサイズを調整し、バランスの取れたインテリアを作り出すことが重要ですよ。

収納内を整理することで部屋をオシャレに

片付けや整理整頓は、インテリアをすっきりと見せるために重要です。
不要なものを処分したり、収納ボックスや棚を活用してスッキリとした印象を作りましょう。
収納スペースを工夫することで、部屋全体が広く見える効果も期待できます。

DIYを活用する

私にとって、DIYは楽しいもの。
プロのような仕上がりは期待できないけど、自分の好きなようにできるところ、作る楽しみも味わえるところがDIYの魅力。

手や体を動かすのが好きな方は是非やってみて下さい。

DIYの良いところは、空間に合わせたサイズで作れるところ。
市販の家具だと、余分なスペースが出来てしまったり、サイズが合わないことがあります。

それがアンバランスなインテリアを生み出すことにもなります。
かといってフルオーダーの家具はちょっとお高い!

そんなときは自分で作ってみるのも1つ。
ただし、初心者さんには最初はハードルが高いので、その辺りのバランスを考えて取り組んでみて下さいね。

只今公式ライン登録で、大量の動画をプレゼントしています。
これを見て頂くとインテリアカラーのことがひとしきり分かります。
ご登録はこちらからどうぞ。

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. 【vol.1】インテリアと色のプロが築40年自宅団地をDIYする~壁紙貼り編~

  2. 【新築・リフォーム検討中の方必見】色のプロが教える!リビングに使うとNGな色は?

  3. 2024年のインテリアトレンドは?


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP