BLOGブログ

BLOG

5

飲食店で働いて得た意外な効果

その他

大阪でインテリアコーディネーター、建築カラープランナー®をしてます野村恭子です。今日は前職のお話について。子育てが一段落してまた仕事を始めました。始めたのは飲食店でのアルバイト。そこで得られた経験の中で意外によかったお話です。

飲食店でのアルバイト経験

自宅リビング画像

夫の転勤で仙台にいたときのお話です。
出産してから社会人をしていなかったわたくし。
下の子も幼稚園に入って、午前中は暇になるなと思い、まずは短時間でできるお仕事から始めてみようかなと思いました。
そんな理由で受けたのは飲食店でのアルバイト。
ランチタイムが終われば、ちょうど幼稚園のお迎えの時間。
幼稚園も近いお店だったし、新規オープンのお店だったので、キレイだし、いいなと思って通い始めました。

お仕事はホール担当。
お店のお掃除から始まり、食事の準備とか諸々。
オープンの時間は決まっているので、段取りよくしなければ間に合いません。
元々ゆっくりさんだったので、四苦八苦。
そして長ーいメニュー名を覚えることもわたくしには難しかった笑

大きな声で話せると何が起こるのかというと……

自宅ダイニング画像

飲食店って、忙しいし、立ちっぱなしだし、手は荒れるし、怒られるし、まぁまぁ大変ですね。
まずは一ヶ月続けてみよう。そんな気持ちで働いてました。
お小遣い程度のお金だけど、久々にお金を頂ける事が嬉しくてたまりませんでした。

この職場で得られた意外な事は、大きな声を出せるようになったこと。
声が小さいとガチャガチャした店内では聞こえませんものね。
今まで大きな声を出す必要がなかったので、最初はとっても恥ずかしかったんです。
ですが、だんだんと出来るようになりました。
なぜ大きい声を出せるようになって良かったと思いますか?

理由は自信が持てるようになったこと。
ある程度大きな声でしゃべると、周りに聞こえるからちゃんとしたことを話そうという気持ちになります。
そして何より声をしっかり出して話すと、気持ちに張りが出てくるんです。
そうするとだんだんと自分への自信にも繋がりました。

これって地味に大事なことだと思っています。
いつも大きい声を出す必要はないけれど、大きい声も出せるし、小さい声でも話せる。
これは次のお役所での仕事でも活きたことです。
毅然とした態度を取らなきゃいけないこともあります。
そんなときも少し声を張ってしゃべっていました。
お役所の方は声が小さい方が意外に多いので、わたくしが代わりに大きな声でしゃべっていました。

何事も経験だなと思う事

結局思うのは何事も経験だということ。
どんな仕事でも学ぶことがたくさんあります。
こんな意外な収穫もあったりすると、そこもまた楽しいですね。
飲食店でのお仕事を通じて、他にもたくさん学べました。
その話はまた少しずつお話していこうと思います。

皆さんはどんなお仕事を楽しまれましたか?

只今公式ライン登録で大量の動画をプレゼントしています。
この動画を見るとインテリアカラーのことがひとしきり分かる内容になっています。
ぜひご登録下さいませ。

自然体 建築カラープランナー® 野村恭子

RELATED

関連記事

最近の記事

  1. 【vol.1】インテリアと色のプロが築40年自宅団地をDIYする~壁紙貼り編~

  2. 【新築・リフォーム検討中の方必見】色のプロが教える!リビングに使うとNGな色は?

  3. 2024年のインテリアトレンドは?


cocoticouleur

kyokoからお知らせを受け取る

新着記事をすぐにお知らせ。
ニュースレターも準備中です。

プライバシーポリシー

PAGE TOP